次世代Webブラウザ「Brave」がすごい

主なWebブラウザとしてGoogle Chrome、Safari, Firefoxなどが有名だが、最近 「Brave」という新しいWebブラウザが注目されている。

Braveとは

広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザーのことでオープンソースで開発されている。

https://brave.com/ja/

広告をブロックすることで表示速度が向上し、高いパフォーマンスを実現することができる。

新しいビジネスモデルを採用

ブロックした広告の代わりにBrave独自の広告が表示されその広告の収益をWebサイトの運営者、ユーザー、広告代理店に分配するという広告モデルをとっている。この広告モデルを採用することで、パブリッシャー(Webサイト運営者)がフェアな収益を得られる仕組みを提供する。

以下の画像はBraveのWhite Paperからの抜粋である。

このBraveの広告で取得できる収益はBAT(Basic Attention Token)と呼ばれる。

BasicAttentionTokenWhitePaper

ここでの登場人物は

  • ユーザー
  • 広告主
  • パブリッシャー(Webサイト運営者)

でありそれらを繋いでいるものがBATである。

ユーザー視点のメリット

ユーザー視点から考えると、無駄な広告配信がなくなり、画面の表示速度が向上するだけでなく、サイトを訪問するだけで、ユーザー自身にも利益が分配され、パブリッシャーにも投げ銭することができるといったメリットがある。

パブリッシャー視点のメリット

パブリッシャー視点からすると、今までの、アンフェアな広告配信モデルとは異なり、ユーザーから直接収益を受け取ることができたり、広告を排除することで、サイト自身の価値を落とさずにサイトのパフォーマンスを向上させることができるといったモデルとなっている。一番重要なこととして、ユーザーに良いコンテンツを提供するモチベーションをあげることが自分の収益に直結するといったことがあげられる。

広告主視点のメリット

広告主視点のメリットとして、より質の高いユーザーを獲得することができるといったメリットが存在する。

なぜかというと、ユーザーは広告を配信することを自ら許可していることや、広告を見ることによって金銭的なインセンティブを得ることができることなどから広告に対して懐疑的な視点ではなく好意的な視点を持つことができる。

Braveの目指すところ

Braveの目指すところは、広告モデルをユーザーとコンテンツ作成者に寄り添った形をとっており、より健全な情報社会を目指すサービスである。

Adblock Plusなどの広告ブロック機能が一般的に使用されると、Webサイトの運営者は広告からの収入が減少してコンテンツを作ることができなくなってくる。その問題を解決するためには、ユーザーに利益をもたらしながらコンテンツ製作者や広告主にも報酬がはいるモデルが求められてくる。Braveはその点をクリアしている唯一のブラウザだと私は思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です